プロフィール

春風

Author:春風
都内某私立大学4年生。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO








ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・トレード・センター

日曜にみなとみらいで『ワールド・トレード・センター』を観てきました。

いちおう感想を書いておきます。


点数をつけるとしたら、10点満点で5点くらいです。

アメリカ人なら8点くらいつけるかもしれません。

やはり実話ですし、テレビを通して自分もリアルタイムで見ていたということもあるので、ものすごく生々しいものを感じました。

ワールドトレードセンターが崩壊していく様は、見ていてほんと引きますよ。

序盤にあるそういったシーンはテロの恐ろしさが伝わってくるし、僕の5点のうちの4点はそこでつけました。

むしろそれ以降、終わりまで続くニコラス・ケイジたちのあーだこーだという話は余計だったと思います。

あまりにもひとつの出来事に焦点を絞りすぎてしまい、911という事件の全体像がとらえきれませんでした。

現場にいた警察官の勇敢さもわかったし、描かれたエピソード自体もおもしろいとは思うのですが、あれではただのパニック映画になってしまい、伝わるものも伝わりません。

まだ大統領目線とかで、911を俯瞰して描いた方がよかったんじゃないかと思います。



実をいうと、ほんとうは『ユナイテッド93』を観たかったんです。

評判はなかなか良いみたいですし。

ただ、ワールドトレードセンターとは違い、ユナイテッド93の方は上映している映画館がとても少なくて観にくいんです。

有名な監督が撮ったとか、人気の俳優が出てるとか、重視されるのは作品の出来以外のところなんですよね。







スポンサーサイト

<< 地雷を踏んだらサヨウナラ | ホーム | 金星人、細野 >>


コメント

今度この映画観に行きたいな~と思ってたんだけど、パニック映画好きの自分にとっては結構楽しめるかな?

ユナイテッド93の方が100倍面白い。


>Fantasista
いや、おすすめはしない!
瓦礫の下敷きになってウンウンうなってるような映画だから、見てても狭っ苦しくてしょうがないよ。
まだ24っぽいあの映画を観てきたほうがいいかも♪

>グリデン
あれはおもしろそうだよね(・∀・)
横浜ぐらいなら上映しててもいいと思うんだけど。

9.11真実追及ムーブメントを知ってますか?

初めまして、春風さん。 長文失礼します。
この「WTC」は賛否両論が大きいようですが、不満派のようですね。
私はストーン監督という事で、社会派で鋭い問題提起をするのかと感じてましたが、
色んな圧力があったのかも? 政治的じゃないのが逆に政治的とも言われています。
実は今日まで、貴重な生還者のロドリゲス氏が来日してました。(リンク参照)

日本では話題になってませんが、「なぜツインビルが簡単に崩壊したのか?」
という疑問などが、米国で活発に議論されているのをご存知でしょうか?
弱冠 22歳のディラン・エイブリー青年作品が世界中で波紋を呼んでいますが、
火災が倒壊の原因だとする「9.11公式報告書」を真っ向から否定する、
TRUTH象徴映画 「Loose Change=ルース・チェインジ」がタブーを追及。
日本でも10月末にようやくDVD上陸。「ネットで無料配信」もあるそうです。

これを観れば新たな視点で「911映画」を考える事が出来るかもしれません。
「ルース・チェインジ」=「ルース・チェンジ」の反響の大きさなど詳しくは
下記BBSの「9月21日」を。今年の9月11日のNY動画。↓ 知ってました?
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv

尚、投稿情報やリンク先と利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/idx/?mycategory_id=31024
http://8136.teacup.com/empire/bbs

はじめまして。
とても興味深い情報を教えていただき、ほんとうにありがとうございます!

「なぜツインビルが簡単に崩壊したのか?」
という事実、これはたしかに当たり前のことのようで、よく考えると疑問も残りますよね。
当事者であるアメリカで議論が巻き起こるのも当然のように思えます。
対して何の被害も受けなかった日本では、正直なところ、事件自体が風化しはじめているのではないでしょうか。
じっさい僕もこの映画を観なければ、9.11について無学なりに考えてみることさえなかったと思います。
そういう意味では、あまり期待に応えてくれなかった「WTC」という作品も、観ないよりはましだと言えるかもしれません。

あと、生還者の方が来日してたんですね!
映画化に値するかは別の問題として、ああいうエピソードはとてもひかれるものがあります。
あれだけたくさんの人が翻弄された事件だけあり、軌跡のような話もいくつかころがっているのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。