プロフィール

春風

Author:春風
都内某私立大学4年生。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO








ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の読書感想文

三浦綾子の『塩狩峠』を読了しました。

キリスト教を題材にしたお話でした。

ミッション系の大学に通っているものの、キリスト教といったらクリスマスの行事に浮かれる程度の僕なので、その考え方の部分はほとんど触れたことはありませんでした。

っていうか、宗教というとなんか拒絶感があるんですよね。

最近話題になってる韓国のカルト教なんかもそうですが、いかがわしさを感じてしまいます。

もちろんキリスト教(の中でも正統派っぽいもの)はそういう目では見てないのですが、それでもどこかで身構えてしまう部分があるのかもしれません。

でも『塩狩峠』は押し付けがましいところがなくて、キリスト教の本質みたいなものが書かれているのでしょう。

まぁ、欲望に“比較的”忠実(笑)な僕としては主人公の信夫のストイックさは共感できないし、どう考えても別世界の人です。

他人のために命を捨てるとなんて普通の人ならできません。

でもこの話、実話がもとになっているんですよね。

あとがき読んでいて気付いたのですが、ほんとびっくりしました。

こんな生き方をした人が実在したことを知るだけでも十分に読んでみる価値があるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

<< 夏の読書感想文? | ホーム | メール不精ながら >>


コメント

この本、小野先生が何かの機会におすすめの本として紹介してたよん(^▽^)/
まだ読んだことないけどw
よかったんだねぇ☆

その通り。
実は小野先生のおすすめを聞いて、一度中学の「朝の読書」の時間に読んでたんだよ。
でも途中で読むの挫折しちゃったから、いまになって読んでみる気になったさw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。