プロフィール

春風

Author:春風
都内某私立大学4年生。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO








ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的流行語大賞2007


「サンピン」

自分で好きなおかずを選べるグアムの格安レストランのこと(または不味い料理の代名詞)。

何品選べるのかなと思っていたら、店員のおばちゃんが、

「サンピン(3品)」

と教えてくれたのが起源。

海外に来たはずなのに日本語が普通に通じちゃう拍子抜け感とともに、出てきた料理のあまりもの不味さから、サンピンはグアム旅行の負の思い出の1ページとして僕の心に刻み付けられた。

その不味さというと、友人をして

「人間のエサだな。」

と言わしめたほどの破壊力であった。

けっこうトラウマになるくらいのインパクトで、それ以降ほかのレストランに行っても

「またサンピンが出てくるんじゃないか…」

と一同戦々恐々とせざるを得なかった。



「え!?いいの?」

ゼミ長(美人)が合宿の際、冗談で、

「一緒にお風呂入ろうか。」

と言ったのをなぜか友人は真に受け、

「え!?いいの?」

とリアクションしたのが流行の発端。

そのあまりにもマジな反応がツボに入った一部の人間の間で日常会話への導入が試みられた。


「ちょっとえんぴつ貸して」

「はいどうぞ」

「え!?いいの?」みたいな。



「24語」

日常の会話にとりあえず『24』っぽいセリフを織り交ぜるのが流行った。

教室に行ったら鍵が閉まってたという状況だったら、

「解除コードは、アルファ!ブラボー!チャーリー!」みたいなことを言ってみる。

友達がどこか行ってしまったときは、

「クロエ!衛星をつかえ!」など。

一緒に居合わせた人は当然、

「いまやってるわ!ジャック。」と応答する。



「いっちーとデートしようかな」

いっちーという女の子が気になる男の子の前でこのセリフを吐くと、冗談なのになぜか彼はものすごいテンションが下がる。

あまりもの落ち込みぶりにS心を刺激された僕は度々同じことを言ってしまったが、それは流行語とは言わないだろっていう。

今は反省している。






スポンサーサイト

<< おばあさん… | ホーム | 脳内プレーヤー >>


コメント

サンピンw
思い出してうけたw
僕はもうサンピンシリーズは食べません

「こんな料理食べるの?」みたいな申し訳無さそうな感じの対応だったね、あのおばちゃんw
むしろあれだけ不味く調理する方が難しいんじゃないかと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。