プロフィール

春風

Author:春風
都内某私立大学4年生。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO








ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時かけの世界を巡る


『時をかける少女』の劇中で登場した坂や野球場などにはモデルとなった場所があります。

しかも高田馬場あたりなど、けっこう近いところにあります。

今日はそれらを巡ってみたので、レポートとしてまとめてみました。

今回は早稲田の友達と一緒に見てまわりました。

地図などで下調べしてきたものの、さすが近所に住んでる人が一緒だったおかげで、それらは一切不要でした。

僕は方向音痴なので、助かりましたw

目白駅に集合し、まずは富士見坂を目指します。


1


2


3


物語のなかでも重要なポイントとなっていたあの坂のモデルです。

実際に見てみるとかなりの傾斜がありました。

劇中では坂の途中にカラクリ時計があり、その先には踏み切りがありましたが、この富士見坂にそれらはありません。

西武新宿線中井駅周辺にモデルとなった時計と踏み切りがあるので、それらも見てきました。


8


10


9


時計はほんとに同じような形をしていました。

ただ残念なことに、カラクリ人形の仕掛けはついてません。


続いて、真琴が何回もタイムリープする場面で登場した分かれ道です。


4


5


7


早稲田ボーイはちょうど自転車で来ていたので、それっぽく撮ってみましたw


最後は哲学堂公園の野球場です。


11


12


13


ここは3人がキャッチボールをする場面で出てきました。

野球の試合をやってたので写真が撮りにくかったものの、かなりイメージどおりの場所でした。


今回まわったところはどこも下町らしい、いい味が出てる場所ばかりで、街巡りとしても普通に楽しめました。

もちろん、時かけ好きな人は世界観を味わうために見てまわることをおすすめします。







スポンサーサイト

<< 秒速5センチメートル | ホーム | もったいない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。