プロフィール

春風

Author:春風
都内某私立大学4年生。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO








ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい金銭感覚

昼飯を買おうとしたら財布の中身が200円を切ってて、びっくり。

本日の昼ごはん→ガム。


そういえば昨日のカンブリア宮殿には滋賀県知事の嘉田由紀子さんが出ていました。

「もったいない」がポリシーの人で、ペットボトルは買わずに毎日水筒を持ち歩いているそうです。

そのくせ高級な鮒寿司を毎晩酒の肴にして食べているとも言っていました。


僕も同じような金銭感覚を持っているので、嘉田さんには共感する部分があります。

普段の昼飯なんてお腹いっぱいになればいいわけで、学食でラーメンを食べなくても、満腹中枢さえ刺激されればガムだっていいわけです。

その一方、例えばデートのときにバンバンおごってあげたりとか、時計やバッグなどこだわるべき物は高くても良いものを買います。

無駄なことは徹底的に省き、意味のある投資や趣味に対する出費に振り分ける、、、最高に効率的じゃないですか♪










カンブリアつながりということで、村上龍の「希望の国のエクソダス」の感想書きます。

まぁ感想とは言ってみたものの、かなり消化不良の作品で、全体の3割くらいしか理解できていないと思います。

解釈が難しいという類の問題ではなく、ITや金融など経済の描写が難解です。

学校を捨てた中学生がビジネスを起こし日本の経済に強い影響力をもつような組織を作り上げる、というあらすじはおもしろいんですけどね。

以前に読んだ「五分後の世界」とか「コインロッカーベイビーズ」の方が物語らしかったし、セリフもかっこよかったです。

この作品はなんとなく教科書を読んでるような気分になりました。

でも、中学生の顔が「つるん」としていると表現していたのは妙に納得してしまいました。







スポンサーサイト

<< 三島っ子 | ホーム | 融けあう世界 >>


コメント

自分の場合は逆に、満腹になるよりも体に十分なエネルギーを補給できるかどうかを考えてるなぁ。
糖分が多そうなコーヒーとか紅茶とか。

僕の場合には洋服or靴などは安物ですねェ。効率的なお金の使い方素晴らしいですよ。

>pp猫
たしかにその方が理にかなってるよね!
僕の場合はとりあえず欲望が満たされればいいっていう短絡的な考えなのかもw

>Unknown
僕もいまはお金がないので冬の服は一切買うつもりありません。
着るものがなくなったらスーツ着て学校通います( ・∀・)ノ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。