プロフィール

春風

Author:春風
都内某私立大学4年生。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO








ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前は何を言っているんだ(ミルコ)



就職活動中「こいつはできるな」、と思わせる学生は質問する力があるような気がします。

これはもちろん質問を連発する人ということではなく、ひとつひとつの質問の内容が素晴らしいということです。


今日は某社の企業説明会がありました。

何百人も学生が集まるような大きな規模のものです。

部門の違う社員を何人かつれてきてパネルディスカッション形式で行われ、最後に学生からパネラーに対して質問をする時間がありました。

この様子を見ていると『できる学生』と『できない学生』が見事に分かれていました。

質問した学生の三分の一は良い質問をする、できる学生。

残りはあまりにもイタくて聞いていられませんでした。



良い質問ができる学生は空気が読めます。


?会場では多くの学生が聞いている

?回答者は現場で働く社員

?質問時間は限られている



この状況は絶対に意識しながら質問するべきです。

つまり、、、

?→自分だけが気になってるような小さな疑問ではなく、多くの人の興味をひくような質問

?→ネットで調べれば分かるようなものではなく、生だからこそ聞ける質問

?→分かりやすく簡潔な質問



今回の説明会の場合、この条件を満たす質問っていうのは、パネルディスカッションでのやりとりを踏まえたものだと思います。

すべての学生が聞いているんだから興味はそそられるし、まさにその場でしかできない質問です。

僕が素晴らしいと思った質問は、やはりこういうものでした。

多くの学生が漠然とは感じていたものの上手く言葉にできなかったような?かゆい所に手が届く?質問を短時間のうちにコンパクトにまとめる。

こんなことができるんだから優秀なはずです。

大人数の前で発表できるってことは度胸やコミュニケーション能力もあるはずですし。



で、逆にダメダメだった質問はどんなものか。

司会者が、会社のHPに載ってるような質問はなるべく避けてください、と言った直後に「育児休暇はとれるんですかぁ?」という愚問。

まぁこのくらいはかわいいもんで、苦笑いで済みます。

ほんとうにダメダメな質問は他人に迷惑をかけます。

例えば、ものすごく専門的っぽい内容の質問をすることです。

こういう会社オタクみたいな人は家でシコシコ勉強して、みんなの前で披露してやろうという魂胆で説明会に来て質問するんでしょう。

頭でっかちのする質問はまるで要領を得ていないので、社員さんも呆れていました。

数百人の時間を奪い、数百人の気分を害して、何が楽しいのでしょうか。








スポンサーサイト

音楽補完計画

レンタル半額のうちに渋谷TSUTAYAでCDをたくさん借りてきました。

返却BOXの口のところに入らなくて困ってしまうくらい借りてきました。

今回は空気公団やCORNELIUSなど新境地を開拓しつつも、主眼は違うところにあります。


以前にもブログで書いた通り、昔聴いていた音楽は多くがMDに入っているのに今ではそれを聴く術が無い?宝の持ち腐れ?な状況があります。

なんとか資源を有効活用したかったのですが、MDからPCへ音楽を移すということは不可能じゃないものの、すごくめんどくさい。

だから手っ取り早く、MDに入ってる音楽はもう一度レンタルしてくることにしました。

無駄が大っ嫌いな僕としてはなるべく避けたかった方法ですが仕方ありません。

これを『音楽補完計画』と名づけ、今後は半額レンタルのたびに昔のものを借りてこようと思います。


今回の補完計画第一弾としては、キリンジと中村一義のアルバムを借りてきました。

ほんと数年ぶりに聴いたものもありました。

とりわけキリンジの『Fine』は、こんなに素晴らしかったのかと今さら気づきました。

やはり、高校生で聴くのは少し早すぎたのかもしれません。

今だって十分に人生経験不足でキリンジの深い歌詞を味わいきれているとは思えません。
でも、最近は確実にこの路線の音楽が好きになってきています。


『Fine』の中でとりわけ良かった曲は「Drifter」でした。

ほんとうに名曲です。

歌詞はもしかしたら今まで聴いた音楽の中で一番グッときたかもしれません。
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/59019/Y021679

この歌詞は「MOON RIVER」という曲を踏まえて作られています。

「MOON RIVER」という曲は『ティファニーで朝食を』の主題歌としてオードリー・ヘップバーンが歌い、『ハチミツとクローバー』では誰だかの着信音になってたそうです。

スタンダードナンバーなのに知らなかった僕は少しだけ勉強してみました。

動画 http://www.youtube.com/watch?v=IFL_yI7NeGU

歌詞 http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/38860/Y024428

解釈 http://www02.so-net.ne.jp/~jamtoast/moon-river.html

このあたりを踏まえると「ムーン・リヴァーを渡るようなステップで」という歌詞の意味に深みが感じられます。







新宿を走る


今日は某鉄道会社の説明会に行ってきました。

メーカー中心にすすめているものの、会社探しの?軸?の上にさえのれば業界なんて関係ありません。

最近になってこの会社の志望度は上がってきたので、今日は張り切って出発しました。


いざ本社のある新宿に到着し、地図を片手に探しはじめます。

・・・が、あるはずの社屋が無い。


(あっれー、途中で見逃したかなぁ?いやいや、売上高2.5兆の会社の本社ビルがスルーするほど小さいわけがない…)


時間には余裕もたせたつもりなのに、気づいたら説明会開始まで残り10分。

以前の説明会で聞いた、

「鉄道会社の社員は時間に正確でなければならない」

という言葉が頭をよぎります。


こ れ は 遅 れ る わ け に は い か ん




だけど近くに交番も無い…あっそうだ、会社の人に聞けばいいんだ!

駅に入るとJapan Railwayのお客様相談窓口があったので、そこに飛び込みます。


春風 「すみません、御社の本社ビルはどちらですか?」

お姉さん 「反対側ですね。」


今いるのが東口、反対側ってのは南口、残りは6分。

もはや自分の絶望的な方向音痴に凹んでいるヒマはありません。

あとは新宿駅の反対側までダッシュです。

BMI=26.3のオッサン体型に鞭を打ち、走ります。

コートをはためかせて疾走していると当然のように踊る大捜査線のテーマが脳内に流れてきました。

しかし主演は織田裕二ではなく春風、まるで絵になりません。

あぶない刑事での柴田恭平のランニングフォームは尊敬に値するんだと確認しました。

なにはともあれ、なんとか開始2分前には到着しました。

メガマック一個分くらいのカロリーを消費したんじゃないかと思うほど疲れましたが、時間厳守のA型としてはとても満足です。



それにしても新宿駅の難易度は高すぎです。

なかなか目的の出口から出れません。

長いこと慣れ親しんだ伊豆箱根鉄道のシンプルな駅舎が恋しいです。

牧之郷駅あたりのスローライフさが現代人には必要です。













大はやりの予感

テストも残すところあと一つとなり、今日からエントリーシートを書き始めようかと思っていたのですが、見事に丸一日遊んでしまい、今に至ります。

最近は『ニコニコ動画』にはまっていて、今日はほとんどの時間をそのために浪費していました。

いまさら僕が説明するまでもないでしょうが、いちおう『ニコニコ動画』について説明しておきます。

これはYouTubeなどの動画の再生画面にコメントがつけられるサービスのことです。

やたらおもしろいです。

とりあえず見ればわかるので、おもしろかったものをいくつか紹介します。






エヴァネタ







元の動画がYouTubeやAmebaVisionなので動画がそちらで削除されてしまった場合に流れるお詫びも意外とかわいいです。



「きまぐれ検索」を使って見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。







目力損益分岐点

僕の通う大学は?美人が多い?というイメージを持っている方が多いと思います。

で、実際はどうかと言うと、本当に美人が多いんです

理系大学や他大の理系学部の美人発生率と比べたとしたら100倍くらい多いです。(失礼ですが事実w)

僕が入っているゼミもかなりの高水準です。

高校時代、「ものすごくかわいい」という子は学年に大体3人くらいはいましたが、そのレベルがゼミに3人います。


その3人の中の一人の子はものすごく目が大きいです。

本人を目の前にして100人中98人は「目デカっ!」って心の中でリアクションをとるはずです。

『メン・イン・ブラック』で大きな宇宙人の頭の中でそれを操縦していた小さな宇宙人がいましたが、ちょっと似ています。

かわいいことは間違いない。

でも、あまりにも目が大きすぎて男子の中では意見が分かれるところです。

つまり、もうちょっと目が小さかったら、もっとかわいいんじゃないかという話です。

僕の判断としては、おそらくあの大きさはかわいさの限界点だと思います。

通常なら女の子の目は大きければ大きいほど良いものの、限度を超えると逆効果です。

それをグラフにすると以下のようになります。

め


とはいうものの、「大きすぎてかわいくない」なんて人はいままで1人か2人くらいしか見たことなく、目が女の武器であることは間違いありません。

目力の飽和攻撃を前にして、僕はただドギマギすることしかできません。







1秒400万円


自衛隊で銃が紛失しました、という記事。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070124-04977311-jijp-soci.view-001


射撃訓練で出た空薬莢でさえ数が合わなかったら大変なことらしく、無くなった一つの薬莢のために部隊総出で広い演習場を見つけるまで這いつくばって探し回る、なんて話を聞いたことがあります。

浅田次郎の『歩兵の本領』では半長靴が無くなった隊員が真っ青になるお話もありました。

薬莢やブーツでさえこの騒ぎようなので、小銃と拳銃が無くなったってのはかなりヤバイということです。

弾が盗られなかったからまだいいものの、盗んだ目的が分からないので怖いですね。


で、自衛隊関連の話をもうひとつ。

兵器ってのは値段が高いものですが、とりわけ日本は武器を輸出したりしないので生産量が少なく、それゆえ値段も他国より高いようです。

日本の兵器の値段についてまとめたページがあったので参考にしてみてください。

http://www.geocities.jp/kanabow11/price/japan_new.html

イージス艦あたりになると1000億を軽く越えているので、もはや高いという感覚がありません。

むしろもっと身近な値段のものの方が高く感じます。

例えば、CIWSの弾。


CIWSは護衛艦に装備されていて、近づいてきたミサイルや飛行機を撃ち落すことが目的です。

僕はどういうわけかこういうタイプの兵器が大好きで、特にファランクスがお気に入りです。

グッとくるポイントは攻殻機動隊に出てくるタチコマと通じる部分があり、兵器のくせにちょっとかわいいところだと思います。




動画を見ていただければお分かりだと思いますが、機関砲の発射音は多くの人が考えてるような、

「ダダダダダダダダダ…」

ではなく

「ブーーーーーーーーーー」

で、つまり発射速度がものすごく速いということです。

毎分3000発だと書いてありました。

この速さで発射する弾一発の値段・・・8万円でございます!

発射速度は秒になおすと毎秒50発なので、1秒で400万円を使うことになりますw

機関砲弾でもこのレベルなので、ミサイルなどの値段は推して知るべしです。


大分で盗まれた小銃だってそれなりに高いんですよ。

それは僕らの税金なので、盗んだ人はちゃんと返してくださいね。







蛇口からお茶が出ることについて

静岡県島田市の小学校では蛇口からお茶が出る、という記事。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070123-00000505-yom-soci


児童がお茶を飲んだり、うがいしたりするために給茶機を設置したという話でした。

僕も静岡県民で、さすがに給茶機は無かったものの、小学校のときは「お茶でうがいをしましょう」という方針でした。

風邪の流行る冬場なんかは水筒にお茶を入れて学校に持っていった記憶があります。


需要拡大という点でも素晴らしい試みだと思います。

食品メーカーにしても、少子高齢化だから中高年向けの商品を提供するという流れですが、少し納得できない部分もあります。

中高年向けの商品というと健康を維持するとか病気にならないとか、どちらかというとマイナス要因の解消を目指してるわけですよね。

おまけに中高年はあまり先が長くない。

いくら健康志向の商品が売れるからといって事業がそういう方向にシフトしていったら、なんとなく夢が無い。

この島田市の取り組みは、「将来の消費者を育てる」という夢があって良いです。

とかなんとか書生くさいことを言ってみました。


あと、小学校に給茶機があるくらいだから、大学には自由に飲めるコーヒーマシンが置いてあってもいい気がします。

寝不足の学生が多いわけだし、無料で学生にコーヒーを飲ませれば授業の効率が良くなるはずです。

一年生のころの英語の先生(アメリカ人)なんかは、

「眠くなったらコーヒーブレイクだ!」

と言って、授業中でも勝手にコーヒーを買ってきて飲んでいいという方針でした。

飲んでるのはいつも先生だけで、自分が飲みたかっただけな気がしないわけでもないですが、あれは理解のある先生でした。さすが欧米w








テスト勉強の新しい形

本日、ついにテスト開始。

いきなり3科目もありました。

1つにつき1時間程度の勉強なので単位とれればいいと思って受けたものの、3つとも思いのほか書けて、Aぐらいなら狙えそうです。

論述形式最高です!(単語の穴埋めだったら即死)

年々テスト勉強の効率が上がり、来年あたりは無勉でもいけるんじゃないでしょうかw


今回からは金銭面でも効率化を目指し、買わなくていい教科書は買わない方針にしました。

とはいうもののテストで範囲になってるので、まったく読まないわけにはいきません。

そこで僕が今回実行した作戦というのは、、、


amazonのレビューを読んで概略を確認

試験直前に購買会で立ち読み勉強



これが見事成功♪

ただ、これには店員さんの視線を気にしない強固な精神と集中力を要します。

それ以上に、こんなことやっている自分に嫌気がさし精神衛生上よろしくないので2度とやりません。








パラッパッパパッパラパッパラ フェィダウェ~イ


きゅんきゅんからバトンがきました。

バトンを放置する人が多いなか、この実施率の高さが春風クオリティ♪

というかバトン大好きなので、溜めてる人は僕に回しなさい。




●始まりの合図

キミが気付けば♪(…えっ質問の意図わからん)


●身長は?

170cm。

日本人男性の平均身長まであと1センチですので鉄棒にぶら下がってでも伸ばします。


●身長に比べて体重は多いほうと思いますか?

BMIが26.3とうことで、どう見ても肥満です。ほんとうにありがとうございました。


●体型はどうですか?

伝統的日本人体型です。


●髪質はどうですか?また好きな髪型は?

ごわごわしています。

好きな髪形は坊主ですが、世間の目を気にして自粛しています。


●目について語って下さい。

正直なところ、目には自信があります。

二重でかわいいと言われたりします。

中学生のころ塾の玄関で帰り際、普段あまり話さない女の子(かわいい)が、

「エレファントアイズだね。」

というセリフを残して去っていったのが印象的でした。


●顔についてどう思いますか?

顔については大変残念な結果となってしまいましたが、30ぐらいになると渋みが出てくるんじゃないかと期待しています。


●誰に似ていると思いますか?

三谷幸喜、とろサーモンの久保田和靖。



●好みのものを沢山あげてください

メガネっ子、CIWS、加藤ローサ、グロック、夏帆、くるり、猫、キリンジ、箇条書き、武蔵小杉、ランキング、紅の豚、マウスジェスチャー、他多数。


  
●嫌いなものを沢山あげてください

読売系全般、オリエンタルラジオ、粘着質な人間、カラオケ、萩本欽一、ゴキ系の虫、悪徳企業。


●涙を流す(流しそうになる)ものは?

かわいそうな人間を見てもそんなに泣かないのですが、かわいそうな動物を見ると泣きそうになります。


●自分の心に響いた話は?

10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。

今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。



2chの就職板にあった書き込みらしい。ものすごく説得力のある言葉で震えました。


●一日で一番好きな時間は?

音楽聴きながらネットしてる24時以降の時間。


●自分ってどんな人に見えると思いますか?

真面目そうに見えるらしく、「銀行に就職すべき」と何人かに言われた。

その一方、去年2人くらいに、「意外と軽いのね」とも言われた。



●このバトンを受け取る7レンジャー!!

省略。










続きを読む »

とりあえず3年後までにDVDレコーダーを買おう

『坂の上の雲』の出演が者決定!!!


秋山真之→本木雅弘

秋山好古→阿部寛

正岡子規→香川照之

子規の妹、律→菅野美穂



うーん!主役級をみるかぎり、まったく問題ないですね!

というか素晴らしいです♪

とくに香川照之はパーフェクト、というか子規役はこの人意外はありえんだろと。

坊主にしたら本人そっくりになるはずだし、役柄もぴったりです。

ニュースではこれだけしか発表されてませんでしたが、そのほかの人たちも気になります。



実は僕も個人的に配役を考えていて、発表前に記事にしようと思っていたところでした。

配役?予想?ではなく?希望?という点を考慮してご覧あれw


秋山真之→真田広之

「切れ者」の真之をうまく演じることができそう。このくらいの大物に主役をやってほしい。


秋山好古→佐藤浩市

怖くて存在感がある。


正岡子規→香川照之

こんな適役はいない。


東郷平八郎→高倉健

とにかく渋さを出してほしい。


乃木希典→寺尾聡

どことなく陰のあるところがぴったり。


山本権兵衛→津川雅彦

なんとなくイメージで。


広瀬武夫小澤征悦

うわぁ似てる!


大山巌→小柴昌俊名誉教授

こっちも似てるーww

過去記事参照
http://springv.blog73.fc2.com/blog-entry-6.html





3年間かけて撮影し、放送は2009年の秋になるとのことでした。

文庫本で全8巻というボリューム、しかも途中で軍事的な記述も多いので読みきるのが厳しい人もいるかもしれませんが、3年間あれば放送前までに読破できるはず。

僕はぜひおすすめしたい。

先人がどれだけ苦労したかを知るべきだし、そういった人間の生き様から学ぶところも多かったです。


あと、作中でも活躍する戦艦三笠を見に行ったときの記事(前のブログ)もあるので興味があれば読んでみてください。

http://blog.goo.ne.jp/fly-savoia/e/0f4d96e4744b3bf2f51fa49b271be69c







露出


今週のタモリ倶楽部は京急特集で、ゲストに岸田繁が登場!

列車を貸しきったりして、かなり力が入った企画でした。

あれだけ電車オタクが集まればテンションが上がるのは当然で、

「横浜駅を通過!伊東美咲をふった!」

などと興奮しているところがおもしろかったです。

最近はテレビの露出が増えてきた岸田さんとはいえCDTVに出ちゃうようなことはせず、マニアックな番組に出演するところが良いと思います。


そういえば最近、ポッキーと100sがコラボレーションしたCMが流れているようです。

http://pocky.jp/cm/100s/index.html

以前に日産の「4500円」のCMに突然登場したときほどの驚きはありませんが、こうやって大々的に売り出してきたのは意外でした。

知ってる人は知ってるけど知らない人はまったく知らない中村一義。

あのポップさは大衆ウケすると思うし、メジャーになっていくのは素晴らしいことです。

ただ、JAPANCOUNTDOWNには出てもCDTVに出るようなことはしてほしくないと切に願っていますw







相武紗季に遭遇したら


大学の友達が相武紗季に会って握手してもらったそうです。

街中を普通に一人歩いていたようで、「相武さんですか?」って聞いたら嫌な顔されつつも握手にはこたえてくれたと言っていました。

見ればわかりますが、可愛かったという感想でした。

一緒にその話を聞いていた友達は、

「いや、俺は長澤まさみ派だから。」

と、強がりなのかよく分からないことを言っていたけど、どう考えてもうらやましいです。


そもそも相武紗季を目の前にして話かけることができる時点ですごいと思います。

僕なんかは?クラスのアイドル?に話かけるのもドギマギしちゃうくらいなので、?本物のアイドル?なんて完全にキャパを越えています。

遠巻きに「顔小さっ!細っ!」とか言いつつ眺めるのが精一杯のはずです。






不二家報道への不満

今日も会社説明会に行ってきました。

もはやテスト勉強の息抜きみたいな意味合いさえ出てきてる気がします。

友達に誘われて行ったんですが、現地に着いてから、

「実は理系対象のセミナーなんだ」

と衝撃的な事実を知らされ、そういうことは前もって言えと思いながらも来てしまったものは参加するしかありません。

部屋に入ると当然のように理系一色で僕が入る余地はありませんでしたが、理系のふりして頑張ってきました。


今回の説明会は中野で開催され、そういえば僕はこれが初中野でした。

「中野ブロードウェイ」も見てきました。

やはり話に聞いた通りオタク向けの店舗がひしめいていました。

すごい金持ちだったら、エヴァのセル画を買い占めたいと思いました。

ビル全体にそれとなく漂っているレトロな雰囲気が良かったです。


駅に向かう途中のアーケード商店街に不二家の店舗がありました。

しょこたんがアルバイトしたいって言ってたのはあそこだったんですね。

残念ながらシャッターが下り、お詫びの張り紙が貼ってありました。

僕は別に不二家好きでもなく、雪印の教訓がまったく生かされていない今回の事件は自業自得だと思います。

ただ、マスコミはあまりにもヒステリックな報道をしているし、消費者も素直に影響受けすぎです。

不二家以外でも企業不祥事はよくあるのに、その時々によって報道の盛り上げ具合に差があるのが納得いきません。

とりわけ食品会社はそれによって会社の存続が左右されてしまうんだし、なんか不公平感がありますよね。

あまりCMを流さない不二家は叩きやすい、なんていうマスコミの思惑はないでしょうね?







学生越え


今日は某社の会社説明会に行ってきました。

事業内容はなかなか素敵なのに、いまいち雰囲気がねぇ…。


会社を出て駅に向かって歩いていると説明会に来た学生を狙った怪しい勧誘が集団で待ち構えていました。

そして僕の前を歩いた学生がおもしろいようにつかまっていました。(むしろサクラ!?)

僕はもちろん華麗にスルー、というか誰も話しかけてくれず、ちょっとさみしいくらい。

もしかして僕は学生だと思われていない?



就活でスーツを着はじめると、学生だと思われない人がけっこういます。

つまり、こういう人たちです。


・大学の門で守衛さんに敬礼される

・エレベーターに乗ると学生が「何階ですか?」って聞いてくれる

・いつもは無愛想な大学職員の対応がすごい丁寧

・合同企業説明会で企業用の入り口に案内される



僕も友達から「10年プレーヤーの風格がある」「人事課長」などと言われたこともあるので、やはりあまり学生だとは思われてないんでしょう。

でもこの?身分を偽ってる感?がちょっと気持ちよかったりもします。







健康に必死


スーパーに買い物にいったら納豆の値段が普段の倍くらいになってた!w

いつもなら安売りの対象なのに、最近の人気上昇ですごい強気だ。

僕の少ない食事のレパートリーのなかで納豆は大きなウェイトを占めていたので、一連の騒動のあおりを何気にモロに受けています。


こんな納豆騒動が起きてしまうのはマスコミに流され過ぎてる面もあるでしょうが、それ以上に健康志向が強くなっていることのあらわれなんでしょう。

食品業界でも高齢化とそれに伴う健康意識の向上っていうのが切実な問題らしく、ある程度規模のある会社ならそれを見越した事業展開をしているようです。

今回の騒動を見るかぎり、たしかに中高年は健康に対して貪欲…というか必死なんだということは伝わり、食品会社の方向性にも納得です。







企業の広告、そうじゃない部分


箱根駅伝のときに流れていたサッポロビールのCMがいまだ頭にのこっています。


?ないものは、つくるしかない。?



最初に見たときは、お正月に流す企業広告らしいクオリティの高さで、すぐに好きになりました。

そしてホームページを見てから気づいたのは、出演者がみんな実際の社員だということ。

やっぱり社員じゃなければ、あそこまで説得力のあるものは出来上がらなかったんでしょう。

親近感も持てます。


でもCMに社長自身が出ちゃってる会社って嫌いです。

あれは「うちの社長はこんなに目立ちたがりなんですよ!」と宣伝してるのと同じで、見ていてイタいです。

社長が変な出しゃばり方してる会社っていろんな意味でダメそうだし、そういうところには絶対エントリーしません。




夕方からTBSで放映されていた「夢の扉~NEXT DOOR~」はカンボジアでの地雷処理の話でした。

僕はこの会社の説明会に参加したことがあって、911のときに重機を提供したという話をうかがいました。

ワールドトレードセンターの悲惨な現場の中で社名の入ったパワーショベルがたくましく働いている写真を見せてもらったとき、

「こりゃCSR広告としてこれ以上のものはないな。」

というのが正直な感想でした。

社会貢献のためにやったにしろ、結果として社会に対するアピールになっているところが企業っぽいと思いました。


今回のカンボジアの話も最初はそういう思いで見ていたのですが、ちょっと考えを変えられました。

主人公の雨宮さんは利益や宣伝という会社の本音を認めたうえで「カンボジアの農地を復興させたいんだ」と語っていたのが印象的でした。

それってとても強くて具体的な希望だと思います。

CSRどうのという思惑だけじゃあれだけの事業はやりとげられないということでしょう。





赤文字を求めて

放置しすぎました!ごめんなさーい!


最近はちょっとやることが多かったり、mixi日記の方の更新をやっていたので手がまわりませんでした。

mixi日記はひさしぶりに更新してみたのですが、ちょとコメントのつきが悪くて残念でした。

僕の中でブログは自分勝手な趣味とか言いたいことを言う場所なのでコメントは別に気にしません。(もちろんもらうと嬉しい!)

でもmixiはコメントがついてなんぼだと思います。

あそこは交流の場であってほしい。


僕のmixi日記にコメントがたくさんもらえない理由をちょっと考えてみます。

まず、根本的な原因を挙げてみると、、、


?マイミクが少ない

?日記を書いても見てくれる人が少ない

?日記を見てもコメントしてくれる人が少ない



?はまぁしょうがないにしても、?は痛い。

ログインしてるのに見ないって、僕のこと嫌いですか?みたいなw

?については日記の内容とコメントの具合によって左右されます。

今回は『ギャグマンガ日和』を紹介してみたものの、極めて食いつきが悪かったです。(めちゃくちゃ面白いのに…)

内容はつまらなくても、「今日はこんなことやりました」的な普通の日記の方がコメントしてもらえるようです。

また、コメント欄が身内ネタで盛り上がりはじめると、それ以外の人たちがコメントしずらくなってしまいます。

日記に対する1番目のコメントが早い段階でつくかどうかも、それ以降に読んだ人たちに影響してきます。

誰もコメントしてない日記に書き込むのはやはり躊躇してしまう部分があり、最初の書き込みが遅いとそれだけチャンスが減ってしまいます。

そして、日記はたまに書く方がたくさんコメントしてもらえます。

これからは更新頻度を落とし、次はバレンタインの自虐ネタで狙いたいと思います♪









謹賀新年



あけましておめでとうございます!




今日はアクティブに初詣に行ってきました。

おみくじもひいてみましたよ。


20070101223651



ファイトを集中・・・





| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。