プロフィール

春風

Author:春風
都内某私立大学4年生。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO








ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 感想と反省



風邪もひかなかったし、

勉強も楽しくなってきたし、

球場バイトも頑張ったし、

友人関係も充実してたし、

トラブルもなかったし、

旅行にも行ったし、

就活も軌道に乗せられそうだし、

新しい街は素敵だったし、

2006年は満足な1年でした。


まぁあえて反省点を挙げるとすれば恋愛の戦果が『2戦1敗1分け』ということで、負け戦はしない方針なのに十分負けている現実です。

でも主催した合コンからカップルが誕生してるので、他人の幸せには貢献できたかもしれません。

とりあえず来年の一番大きな目標は希望の会社の内定をとること。

できれば3つくらいとって、どこにするか悩んでみたいです。

そして、就活が終わったら即座にラブ活へ変更し、学生生活のラストに花を添えたいです。

僕はわりと「みんなで幸せになろう!」と考えるタイプなので、そのときは目的を同じくする友人と共同戦線を張っていこうと考えています。

参戦してもらう方にはあらためて連絡差し上げますw




あーだこーだと書いてきましたが、今年も1年ご愛読ありがとうございました!

来年もみなさんにとって良い年でありますように。











スポンサーサイト

今年最後の感想文



あんまりブログを放置すると、ただでさえ少ない読者がいなくなってしまいそうなので書きます。

実家に帰ってきてからは、あまりの居心地の良さに、課題にも一切手をつけずのんびりしています。

何本か映画も観たし、本も何冊か読んだことだし、その感想を書いておきます。



年末のテレビの深夜帯というのは僕好みの映画が放映されているので見逃せません。

ゴールデンに流せるほどじゃないけど評判の良い邦画を狙いながら観ています。

その中でヒットだったのは『恋の門』

主人公は?石で漫画を描く童貞?というシュールな設定なのですが、松田龍平が妙にはまり役でした。

数日前には『恋愛寫眞』も観ていたので、この人の役の幅の広さを確認できました。

男前なのにダサい役が演じれるという点では、浅野忠信とか永瀬正敏とかオダギリと通じるものがあります。

そういえば『硫黄島からの手紙』での中村獅童と『男たちの大和』での中村獅童はキャラがまったく同じで、その濃すぎのキャラがどちらの作品でも浮きまくってました。

演じ分けることができなかったのか、それともああいうハイテンションの役しか回ってこないのか…。



昼間は近くの図書館に通ったりもしました。

田舎の図書館の素晴らしい点のひとつに?人気の本があまり借りられてない?ということがあります。

普段、大学の図書館ではあまり読めないものをソファーに座りながら読めるという贅沢。

とりあえず村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の2巻まで読んだものの、最後の1冊だけ貸し出し中という気持ち悪さで現在中断しています。

そのかわりに重松清の『その日のまえに』を読みました。

死をテーマにあつかった短編集です。

内容はそれほど重すぎるものじゃないけど、考えさせられるタイプの作品でした。

養老孟司などが言うような死生感は論理的で納得させられてしまう部分がありますが、実際の生き死にの場面ではもっとウェットで、すんなり受け入れられないものがあるんじゃないでしょうか。











いいわけ



時まさにクリスマス!

でも、あまりクリスマスネタを扱ったmixi日記は見かけません。

「花粉症がひどい」とか「秋刀魚が美味しい」といった話と同じく、せっかくの季節ものなので大いに語るべきです。


でも、クリスマスネタがあまり触れられない理由もよく分かります。

世の中には恋人がいる人といない人の2種類しかいません。

そして、そのどちらの立場としても日記の話題としては適当ではないと理解しているのでしょう。

正直、この時期にそのネタを出してくるのは「空気の読めない恋人有」と「自虐好きな恋人無」くらいです。

ここは後者のスタンスで話をすすめていきましょう。


『恋人がいない人のクリスマスの言い訳』
http://nsjweb.web.fc2.com/news_016.htm

現実的な言い訳としては、バイトというのがベターでしょう。

誰かが楽しい思いをするためには、誰かが頑張って働かなければ成り立ちません。

クリスマス商戦の戦闘員として過ごすのは日本経済を支えている感じがして、むしろ格好良く思えてくるほどです。

予定は無いけどとりあえず24日のシフトは入れない、なんていう人は結局得るものも無さそうです。


しかしバイトをやってない人も多いかもしれません。

そんなときに使えるのが「シュウカツ」。

「ちょっと就職活動があるんですよ。」って言えば全てが許されてしまうんじゃないかという雰囲気があります。

イブに説明会やるような強気な企業は無いに決まっていますが、そんなことはお構いなしです。

一生のうちでここ数ヶ月しか使えない強力な言い訳なので、大学3年生はここぞとばかりに使いましょう。











春風のgoogle検索履歴

googleの年間検索ランキングが発表されていました。

総合ランキングでは「地図」や「翻訳」などの硬派な単語が並んでいましたが、5位には「ほしのあき」がランクインしていました。

みんな画像が見たくて仕方ないんですね。


僕はgoogleが大好きで、知らないことを調べるのはもちろん、とりあえず思いついた言葉をググッてみるのが趣味です。

なので検索履歴を見てみると、面白い言葉がたくさん出てきました。

誰かが家に遊びに来たときのために、あまりにもエロかったりバカらしい言葉はその場で消去していますが、残っているものも十分に変です。

一部を挙げてみます。



おいっちに 波平

アメフトは社会主義

欲しがりませんか妻では

ああああああああああああ

そんなときに出あったのが

しょこたんは頭が良い

つじあやのは意外とかわいい

上野樹里 不美人

ひよこ陛下

ウェッティーな男

カッとなってやった

エンペラータイム

マヤ 先輩先輩先輩

コンドーム プスッ

国谷裕子 まんざらでもない

若いころの国谷裕子

だんちゃーく

トツギーノ

O型のファッションセンス

綾瀬はるか 目が笑ってない





「欲しがりませんか妻では」というのは「欲しがりません勝つまでは」の誤変換ですので、あしからず。

まぁ、後者を検索している時点で十分に意味不明だと思いますがw

あと、むかしの僕はどれだけ国谷裕子が気になっていたのでしょうか。


ところどころに?分かる人には面白い?単語が転がっているはずです。

気になる人は検索してみてください。







原点回帰



先日、大学が開催した模擬面接に参加してきました。

いちおう自己PRなどを考えていったものの、徹底的にダメ出しを戴きましたw


僕が全くもって間違ってたのは「自分の出し方」

これは面接での対応のことではなく、事前に出していたESの自己PR文でした。

面接官の方から言われたことを自分なりに咀嚼してみると、、、


?露骨に自分を出しすぎ、ってかカッコつけ過ぎ。

?HowTo本を意識し過ぎ。

?そのくせ文章が雑。


という三点で、指摘されてあらためて読んでみると、たしかに痛すぎでした。うーわっ

自己分析をすすめていくと、必死に自分の良いところを見つけようとし、性格を美化してしまがちです。

格好つけたところでどうせ面接でばれるのだから、自分の本質の部分をシンプルに表現するべきだと痛感しました。

そういった本質の部分は案外他人に指摘されて気づいたりします。

PR文はボロボロだった僕も、O型風A型のキャラはウケが良かったみたいでした。

文章と実物が一致するし、こういうキャラクターの部分で勝負するのもわるくないかもしれません。








やっつけ仕事


卒論用の仮説作りや模擬面接の準備で忙しいので、もはや常套手段になっている、お手軽ようつべ動画でお楽しみください。



続きを読む »

男前との戦い!?


企業の学内セミナーもなかなかの数に参加し、情報量もモチベーションも上がってきました。

最近では、どこが良かったとか悪かったとか仲間内で話あったりするわけですが、そんな中、友人が言った一言、、、


そういえば内定者ってみんなイケメンばっかじゃね?」


これはまさに同感で、僕も言おうと思っていたところです。

企業によっては説明する人事と一緒に、うちの大学の内定者をつれてくる場合があります。

先輩として就職のアドバイスなんかも話してくれるわけです。

そして、そこに来る内定者はなぜかそろいも揃って、男前。


よく考えてみると、「理系文系は問いません」とか「大学名は問いません」という話はよく聞くけど、

「ルックスは問いません」


という話は一度も聞いたことがありません。

まぁじっさい問われるのなら戦線放棄しますがw




今日は超人気企業、寿屋さんが来てくれました。

教えてくれた内容はもう勉強済みでなので驚くことはありませんが、説明の仕方が他企業に比べて圧倒的におもしろかったです。

ほんとに魅力的な会社です、あらためて惚れました。

説明してくれた人事の方もすごくキュートで、少し好きになりそうでした。







ガツガツしない人生



2限の授業に遅れて出席すると、教壇で知らない外国人が話しをしていました。

教室を間違えたかと思いましたが、そういえば今日は海外から偉い先生がやってきて授業をやってくれる予定だったと思い出しました。

言うまでも無く講義は完全に英語。

最初のうちは聞き取ろうと頑張ってはみたものの、英語の先生みたいにゆっくり話してくれない上に内容が極めて専門的なので断念し、雰囲気だけを味わっていました。

そういえば今日は学生だけじゃなくて大人もたくさん聴きにきていました。

何人かはとても流暢な英語で難しそうな質問をしていたので、大学の先生かなにかかと思っていました。

しかしあとで友達の友達から聞いた話によると、来ていたのは某大手広告代理店の事業本部長など、広告関係のすごい人たちばかりだったようです。

まぁーすごい。



同じくその友達の友達としばらく話をしてみたのですが、広告業界を狙う学生の様子がうかがえました。

難しい勉強をしつつ、なんだかんだでコネなので、大学入った早い段階からいろんな大人に取り入っているようでした。

マスコミとか商社とかベンチャーねらう学生にしても、あの上昇志向というか、ガツガツ感というか、やる気がすごいですね。

僕はまぁ、ポテンシャルが高いわけでもないし、お金持ちになりたいわけでもないので普通のサラリーマンが魅力的です。

とりあえずは大きな会社を狙うつもりなので、スローライフは定年後までとっておきつつも、ライフワークバランスのとれた、偏差値56の人生を目指します。







しょっぱあまあま



今日は大学で何かしらを食いまくってました。


まず、ゼミの時間のピザ。

イベントとして授業の1時間をつぶし、デリバリーピザでパーティーでした。

一応ガイアの夜明けを鑑賞し、勉強しながらピザを食べるという大義名分があったものの、機械が壊れて見ることができませんでした。

けっきょくゲイに告られた友達の話や、予想外にイブが暇な美人ゼミ長の話で盛り上がって終了しました。

そのあと、他のゼミの卒論用アンケートに協力し、お礼にカントりーマームをもらって食べました。

さすがにお腹一杯になったところだし、家に帰ろうと思ったら、バレンタインでもないのに女の子がチョコをくれました…食いかけのアポロとナッツチョコをw

持って帰るのも面倒なのでその場で食べました。

僕は甘いものとしょっぱいものの味の差を楽しみたい人なので、≪甘い→しょっぱい→甘い≫ってのが理想ですが、


しょっぱい(ピザ)→甘い(カントりーマーム)→甘い(アポロ)


という流れが、なんとも納得いきませんでした。









シャ・ラ・ラ





せつなっ!

なにこの名曲。

まず、サザンの元の曲が素晴らしいことは間違いないです。

でも、奥田民生+つじあやののカバーでなければ、この曲の良さには気づかなかったかもしれません。


つじあやのにしてもそうですが、他の人の曲をカバーさせると、やたらと良いアーティストっていますよね。

椎名林檎は、まず間違いない。

『一期一会』というスピッツのトリビュートアルバムで歌っていた「スピカ」がツボに入りまくり、10回くらいリピートで聴きました。

aikoもどんな曲を歌っても良くて、「Ourdays」をカバーしていたときなんか、ほんと鈴木あみ本人より上手でした。

歌唱力があって、歌い方に個性があるというのが共通点でしょうか。






バランスの良いオタク



日経MJを読んでいて気になったワード、、、『ラウンドエッジ』

ひとつの分野に特化しているのはただのオタクですが、複数の分野にわたってこだわりをもっている人たちのことをこう呼ぶそうです。

最近はこういうバランスのとれたオタクが増えているとのことでした。


僕のまわりでも、「まさにラウンドエッジ」と呼べる友達が何人かいるので、この流れはおそらく間違ってないはずです。

例を挙げると、オシャレなアニオタ。

服にすごくこだわりがあって実際にセンスがある人なんだけど、家ではアニメばっかり見ていて2chも大好き、みたいな。

オタクというと自分の世界に閉じこもって、外の世界はシャットアウト!というイメージです。

でも、何かに対してこだわりが持てるということは才能だと思うし、ラウンドエッジとしての素質があるのは、そういう人たちの中にいるんじゃないでしょうか。

ただのオタクと、バランスの良いオタクの違いは社会性があるかないかだと思います。

さっき例に挙げた友達にしても、おしゃれを気にするということは一般社会との繋がりを大事にしているということだと思います。

社会との繋がりさえあれば、もともとポテンシャルの高い人たちなので、いろんな趣味に目がいくはずだし、趣味以外でもこだわりをもった消費ができたりしませんか。







屋上の少女





人生の素敵なことは、だいたい最後の方に起こる。








フェアリーに会いたい



いまさら気づきました。

相川梨絵って微妙に相武紗季に似てるかも。

いや、ほんと若干ですが。




相川さんは共同テレビからセントフォースという事務所に移籍したそうです。

そこのプロフィールを見たら、だいぶ雰囲気が変わっていて、お姉さんっぽくなっていました。

最近あまり見かけないので寂しいです。








クリスマスをやり過ごせ!



今年のクリスマスは普通に治験入れる予定だった。

治験やって軍資金を貯める予定だったし、予定的にも24・5が被るものしか受けることができない状態だったので。

それに治験を入れれば、なんとなくクリスマスをやり過ごせそうな気もする。

また、これ以上の自虐はなく、話のネタとしては最高だ。


というわけでBMIを25にもってくために、食事制限したり、高い階にも階段使ったりして、2キロ減に成功した。

準備が整ったので、希望の治験の申し込みするために電話してみることにした。



「○○番の治験をやりたいんですけど。」

「メーカーの都合で中止になってしまいました。」

「はぁ・・・。」



ジーザス!

ここ2週間くらいのストイックな生活は、いったいなんだったのだろうか。

なにより、クリスマスに治験をやるのは面白いけど、クリスマスに何も予定が無いのは笑えない。








近ごろ日記が殺伐としてきたので動物で癒されよう


マッサージしてくれる猫、封筒を開けてくれるウサギ、金魚鉢に入っちゃう猫をお楽しみください。



続きを読む »

就職における大学名

採用において、どこの大学を出たかを問わないのが最近の流れです。

極端なところでは学歴不問みたいなことさえ言っていたりします。

新卒採用のホームページではどの企業でも、「先輩たちの仕事」みたいな感じのさわやかなコーナーがあります。

そういった社員個人が紹介されているところでもやはり大学名などが出てくることはほとんど無く、学部のみです。

しかしまぁ、一流企業で「政治経済学部」と言われれば早稲田の政経なんだろうし、「環境情報学部」なんていうめずらしい名前の学部ならSFCだとわかります。

実際そういう学部の名前なわけだから、それはいいんですが、

「法学部第一類私法コース」

と書いてあったのを見たときには、

それは東大法学部って言いたいだけなのでは?

と突っ込まざるをえませんでした。



会社に入ってから学閥などのしがらみは無いことを期待しますが、大学名に対するイメージってのはあるでしょう。

『人事部長が選ぶ役立つ大学ランキング』
なんてものを発見しました。


やはり早稲田は人気で、「優秀だけど変なプライドをもっていない」のが良いそうです。

うちの大学もだいぶ下の方にありますが、「変なプライドをもっていない」という点なら早稲田に負けないんじゃないでしょうか。

ただ早稲田と決定的に違うのは「愛校心」があるか無いかですw







12月のはじめに


企業の学内説明会が終わり、外に出てみるとクリスマスツリーの点火祭がやっていました。

t

あら、素敵。





| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。